2008年11月9日日曜日

Nr.26 「なんて冷たい可愛らしい手でしょう Che gelida manina !」(歌劇『ラ・ボエーム』第1幕から)


●解説●
お針子ミミの手の冷たさに驚いたロドルフォが、ミミの手を暖めながら情熱的に愛の告白をする。
                                          

●難易度●

             Ω歌手の聴き比べは、こちら。

ケ ジェリダ マニナ!
セ ラ ラッシ リスカルダル
チェルカル ケ ジョヴァ?
アル ブイオ ノン スィ トロヴァ
マ ペル フォルトゥナ エ ウナ ノッテ ディ ルナ
エ クイ ラ ルナ ラッピアモ ヴィチナ
アスペッティ スィンニョリーナ
レ ディロ コン ドゥエ パローレ
キ ソン キ ソン ケ ファッチョ エ コメ
ヴィヴォ ヴォレ?
キ ソン? キ ソン? ソノ ウン ポエタ
ケ コザ ファッチョ? スクリヴォ
エ コメ ヴィヴォ? ヴィヴォ
イン ポヴェルタ ミア リエタ
シャロ ダ グラン スィンニョーレ
リメ エド インニ ダモーレ
ペル ソンニ ペル キメレ
エ ペル カステッリ イナ アリア
ラニマ オ ミリオナリア
タロル ダル ミオ フォルツィエーレ
ルバン トゥッティ イ ジョイエッリ
ドゥエ ラドリ リ オッキ ベッリ
ヴェントラル コン ヴォイ プル オラ
エド イ ミエイ ソンニ ウザティ
エ イ ベイ ソンニ ミエイ
トスト ソン ディレグアティ
マ イル フルト ノン マッコラ
ポイケ ポイケ ヴィ ア プレッソ スタンツァ
ラ ドルチェ スペランツァ!
オル ケ ミ コノッシェーテ
パルラーテ ヴォイ デー! パルラーテ キ スィエーテ?
ヴィア ピアッチャ ディル?

●日本語訳●
なんて冷たい、可愛らしい手でしょう。
僕に温めさせて下さい。
捜して、なんになるんでしょう。
こんな暗闇では見つかるはずがありませんよ。
でも幸いなことに今晩は月夜がここに、僕たちのそばに月がいるのです。
待って下さい、お嬢さん。
僕はほんのひと言、自分のことを話したいのです。
僕がだれで、何をしていて、どのように暮らしているかを。
いいでしょうか?
僕は誰でしょう? 僕は詩人です。
何をしているのかって? 書いているんです。
どのように暮しているのかって? 生きているのです。
楽しい貧乏の中で、愛の詩と歌を王侯のように惜しみなく費やしているのです。
夢と空想と、空に描くお城のお蔭で、僕は百万長者の心を持っているのです。
ときどき僕の宝石箱から宝石を盗んでしまうのです。
二人の泥棒が、美しい、目という泥棒が。
たった今も、あなたと一緒に入ってきて
僕のいつもの夢、僕の美しい夢は即座に消え失せてしまいました。
しかし、盗まれたことは、少しも悲しくありません。
なぜかって言えば、そこは優しい希望の棲家になったからです。
さあ、これで僕のことがおわかりになったと思います。
あなたが話す番です。あなたはだれですか?
よかったら、話していただけますか?

この曲は、原語にカタカナ・ルビの付いた歌詞カードを、姉妹サイト『スター歌手と夢の共演! 完全ファン倶楽部制・歌声サロン』において、無料でダウンロードすることができます。

●ヒアリングに使用したCD●
歌劇『ラ・ボエーム』全曲(ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

カラオケは、こちら

                 Ψ このオペラの全曲動画は、こちら

「オペラ・ファン憩いの家」プロジェクト

0 件のコメント: