2016年5月15日日曜日

Nr.371 「彼を見たときに Lo vidi, e 'l primo palpito」(歌劇『ルイーザ・ミラー』第1幕から )


●曲目解説●
父として娘の恋を心配するミラーに対し、ルイーザが二人の恋の馴れ初めを話す。

●難易度●
 ヴィディ   プリモ パルピト
イル コル センティ ダモーレ
 ヴィデ アッペナ  イル コーレ
バルツォ デル ミオ フェデル
クアッジュ スィ リコノッベロ
ノストラルメ イン リコントラルスィ
フォルマーテ ペル アマルスィ
イッディオ  アヴェア イン チエル !
アー ! スィー
アー !
 ヴィディ   プリモ パルピト
イル コル センティ ダモーレ
 ヴィデ アッペナ  イル コーレ
バルツォ デル ミオ フェデル
クアッジュ スィ リコノッベロ
ノストラルメ イン リコントラルスィ
フォルマーテ ペル アマルスィ
イッディオ  アヴェア イン チエル !

●日本語訳●
彼を見たときに、この心は
初めての愛の高鳴りを感じたのです。
彼が私を初めて見たとき、
私の誠実な心は激しく揺れ動いたのです。
この地上で
私たちの魂が出会ったとき、
二人が互いに愛し合うように
神が天上で定められたことに気づいたのです。

●ヒアリングに使用したCD
歌劇『ルイーザ・ミラー』全曲(J.レヴァインメトロポリタン歌劇場管)



「オペラ・ファン憩いの家」プロジェクト

0 件のコメント: