2010年9月5日日曜日

Nr.109 「美しい庭に Nei giardin del bello」(歌劇『ドン・カルロ』第2幕から)


●解説●
小姓の弾くギターの合わせてエボーリ公女が歌う「ヴェールの歌」。

●難易度●
☆☆☆
             Ω歌手の聴き比べは、こちら。

ネイ ジアルディン デル ベッロ
サラチン オステッロ
アッロレッツォ アル レッツォ
デッリ アッロル デイ フィオル
ウーナ ベッラ アルメア
トゥッタ キューサ イン ヴェル
コンテンプラール パレア
ウーナ ステッラ イン チェル
モハンメド レ モーロ
アル ジアルディン ゼン ヴァ
アー アー アー
ディーチェ ア レイ タドロ
オ ジェンティル ベルタ
アー アー アー
ヴィエン ア セ ティンヴィタ
ペル レンニャル イル レ
ラ レジナ アンビタ
ノン エ ピゥ ダ メ
アー アー アー
アー アー アー
アー アー アー

アー テセッテ イ ヴェリ
ヴァゲ ドンツェッレ
メントレ ネイ チェーリ
ラストロ マッジョル
ソノ イ ヴェリ アル ブリッラル デッレ ステッレ
ソノ イ ヴェリ ピゥ カーリ アッラモル
テセッテ イ ヴェリ
ヴァゲ ドンツェッレ
メントレ ネイ チェーリ
ラストロ マッジョル
ソノ イ ヴェリ アル ブリッラル デッレ ステッレ
ソノ イ ヴェリ ピゥ カーリ アッラモル

マ ディスチェルノ アッペナ
キアーロ イル チェル ノン エ
イ カペッリ ベッリ
ラ マン プレヴェ イル ピエ
デー ソッレヴァ イル ヴェーロ
ケ タスコンデ ア メ
エッセル コーメ イル チェーロ
センツァ ヴェル トゥ デ

セ イル トゥオ コル ヴォッライ
ア メ ダル イン ドン
アー アー アー
イル ミオ トローノ アヴライ
ケ ソヴラノ イオ ソン
アー アー アー
トゥ イオ ヴォイ ティンチナ
アッパガール ティ ヴォ
アッラー ラ レジーナ
モハンマド スクラーモ
アー アー アー
アー アー アー
アー アー アー

アー テセッテ イ ヴェリ
ヴァゲ ドンツェッレ
メントレ ネイ チェーリ
ラストロ マッジョル
ソノ イ ヴェリ アル ブリッラル デッレ ステッレ
ソノ イ ヴェリ ピゥ カーリ アッラモル
テセッテ イ ヴェリ
ヴァゲ ドンツェッレ
フィンケ ネイ チェーリ
ラストロ マッジョル
ソノ イ ヴェリ アル ブリッラル デッレ ステッレ
ソノ イ ヴェリ ピゥ カーリ アッラモル

●日本語訳●
サラセンの宮殿の美しい庭に
花咲く月桂樹の芳香の漂う陰に
美しい一人の舞姫が
ヴェールにすっぽりくるまって
天の星を見つめているようだった。
ムーア人の王、モハメッドが庭に出て彼女に言う。
「私はお前を愛する、
おお、優しい美女よ来なさい。その国を治めるために、王がそばにお前を招く。
激しく求めた王妃はもう私の許にはいない」

ヴェールを織りなさい、優雅な乙女たちよ。
空にまだお日様が輝いているうちに。
ヴェールは星の輝きでいっそう恋にふさわしくなる。
ヴェールを織りなさい、優雅な乙女たちよ。
空にまだお日様が輝いているうちに。
ヴェールは星の輝きでいっそう恋にふさわしくなる

「でも私にはほとんど見えない(空が暗いので)
お前の美しい髪の毛も
小さい手足も。
さあ、お前を隠すヴェールを取りなさい。
ヴェールを被らないお前は空のようであるに違いない。

もし、私にお前の心を贈り物としてくれるなら、
王座にお前を座らせよう、私は国王なのだから。
お前はそれを望むか? うなづいてくれ、
私はお前を喜ばせてやりたいのだ。
アラー! お前は王妃だ!」
モハメッドは叫んだ。

ヴェールを織りなさい、優雅な乙女たちよ。
空にまだお日様が輝いているうちに。
ヴェールは星の輝きでいっそう恋にふさわしくなる。
ヴェールを織りなさい、優雅な乙女たちよ。
空にまだお日様が輝いているうちに。
ヴェールは星の輝きでいっそう恋にふさわしくなる。

この曲は、原語にカタカナ・ルビの付いた歌詞カードを、姉妹サイト『スター歌手と夢の共演! 完全ファン倶楽部制・歌声サロン』において、無料でダウンロードすることができます。

●ヒアリングに使用したCD●
歌劇『ドン・カルロ』全曲(ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮/ベルリンフィルハーモニー管弦楽団)

                                       Ψ このオペラの全曲動画は、こちら

「オペラ・ファン憩いの家」プロジェクト

0 件のコメント: