2010年4月20日火曜日

Nr.91 「たとえば奥様が Se a caso madama」(歌劇『フィガロの結婚』第1幕から)


●解説●
二人の新居に関し、なぜ、伯爵が親切な取り計らいをしてくれたのか、その隠された狙いをスザンナから知らされ、フィガロが不安に襲われる。

●難易度●

             Ω歌手の聴き比べは、こちら。

(FIGARO)
セ ア カーゾ マダマ
ラ ノッテ ティ キアマ
マダマ ティ キアマ
ディン ディン
ディン ディン イン ドゥエ パッスィ
ダ クエッラ プオイ ジル
ヴィエン ポイ ロッカスィオーネ
ケ ヴオルミ イル パドローネ
ケ ヴオルミ イル パドローネ
ドン ドン
ドン ドン イン トレ サルティ
ロ ヴァド ア セルヴィル
(SUSANNA)
コズィ セ イル マッティノ
イル カーロ コンティーノ
イル カーロ
イル カーロ コンティーノ
ディン ディン
ディン ディン エ ティ マンダ
トレ ミッリア ロンタン
ディン ディン
ドン ドン
ドン ドン ア ミア ポルタ
イル ディアヴォル ロ ポルタ
エド エッコ イン トレ サルティ
(FIGARO)
スザンナ ピアン ピアン
スザンナ ピアン ピアン
スザンナ ピアン ピアン
(SUSANNA)
エド エッコ イン トレ サルティ
ディン ディン
ディン ディン
(SUSANNA)
アスコルタ
(FIGARO)
ファ ブレスト
(SUSANNA)
セ ウディル ブラミ イル レスト
セ ウディル ブラミ イル レスト
ディスカッチャ イ ソスペッティ
ケ トルト ミ ファン
(FIGARO)
ウディル プラーモ イル レスト
ウディル プラーモ イル レスト
イ ドゥッビィ イ ソスペッティ
ジェラール ミ ファン

●日本語訳●
(FIGARO)
たとえば奥様が
夜にお前をディンディンと呼び鈴を鳴らして
呼んだとしよう。
お前はアッという間にこの部屋から行けるじゃないか。
そして旦那様がオレに御用のあるときは
ドンドンと鳴らせば
オレはひとっ飛びで参上できる。
(SUSANNA)
それではもし朝方
その親愛なる旦那様が
呼び鈴をドンドンと鳴らして
あんたを3マイルも遠くに遣いに出したら。
ドンドンと悪魔がその親切な御方を
私の扉に連れてきて…
それにひとっ飛びで…
(FIGARO)
スザンナ、それは穏やかじゃ・・・
(SUSANNA)
聞いて…
(FIGARO)
早く言ってくれ…
(SUSANNA)
どうしても残りの話を聞きたいのなら
私に疑いをかけるのだけはやめてね。
(FIGARO)
どうしても残りの話が聞きたい。
疑いと不安で身が凍る思いだ。
(SUSANNA)
いいわ、聞いて。でも、落ち着いてね。
(FIGARO)
話してくれ、何か困ったことでも?

●ヒアリングに使用したCD●
歌劇『フィガロの結婚』全曲(リッカルド・ムーティ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)

           Ψ このオペラの全曲動画は、こちら

0 件のコメント: