2008年7月20日日曜日

Nr.12 「僕は、お客を招待するのが Ich lade gern mir Gäste ein」(オペレッタ『こうもり』第2幕から)


●解説●
退屈を紛らわすため、自宅で夜会を催したオルロフスキー公爵が、アイゼンシュタインに「今夜は無礼講でいきましょう。楽しくやって下さい」と歌う。

●難易度●

             Ω歌手の聴き比べは、こちら。

イヒ ラーデ ゲルン ミーア ゲステ アイン
マン レープト バイ ミーア レヒト ファイン
マン ウンテルヘルト ズィヒ ヴィー マン マーク
オフト ビス ツム ヘレン ターク!
ツヴァール ラングヴァイル イヒ ミヒ シュテーツ ダバイ
ヴァス マン アオホ トライプト ウント シュプリヒト
オー インデス ヴァス ミーア アルス ヴィルト シュテート フライ
ドゥルト イヒ バイ ゲステン ニヒト!
ウント ゼーエ イヒ エス アンニュイールト
ズィヒ イエーマント ヒーア バイ ミーア
ゾー パック イヒ イーン ガンツ ウンジェニールト
ヴェルフ イーン ヒナオス ツーア テューア
ゾー パック イヒ イーン ガンツ ウンジェニールト
ヴェルフ イーン ヒナオス ツーア テューア
ウント フラーゲン ズィー イヒ ビッテ
ヴォルム イヒ ダス デン トゥー?
ヴォルム イヒ ダス デン トゥー?
ズ イスト マール バイ ミーア ゾー ズィッテ
シャカン ア ソン グー!
ズ イスト マール バイ ミーア ゾー ズィッテ
シャカン ア ソン グー!

ヴェン イヒ ミット アンデルン ズッツ バイム ヴァイン
ウント フラッシュ ウム フラッシュ レーア
ムス イエーダー ミット ミーア ドゥルスティヒ ザイン
ゾンスト ヴェーアデ グロープ イヒ ゼーア!
ウント シェンケ グラース ウム グラース イヒ アイン
ドゥルト イヒ ニヒト ヴィーデルシュプルフ
ニヒト ライデン カン イヒス
ヴェン ズィー シュライン
イヒ ヴィル ニヒト ハープ ゲヌーク!
ヴェア ミーア バイム トリンケン ニヒト パリールト
ズィヒ ツィーレット ヴィー アイン トロップフ
デン ヴェルフェ イヒ ガンツ ウンジェニールト
ディ フラッシュ アン デン コップフ
デン ヴェルフェ イヒ ガンツ ウンジェニールト
ディ フラッシュ アン デン コップフ
ウント フラーゲン ズィー イヒ ビッテ
ヴォルム イヒ ダス デン トゥー?
ヴォルム イヒ ダス デン トゥー?
ズ イスト マール バイ ミーア ゾー ズィッテ
シャカン ア ソン グー!
ズ イスト マール バイ ミーア ゾー ズィッテ
シャカン ア ソン グー!

●日本語訳●
僕は、お客を招待するのが好きなんだ。
お客も、ここでは楽しく過ごしてくれる。
みんな好き好きに、そして、ときには朝まで遊んでいく!
でも僕はいつも退屈している、お客が何をしても、何を話しても。
しかし、主人の僕には許されても客には許されぬことがある!
退屈そうにしている客をここで見つけたら、
遠慮せず、つかまえて表に放り出す。
客は聞く。
「どうして、そうするのか?」と。
だが、これはこの家の掟なんだ。
だれでも好きなようにすると!

僕が酒の席に着いたら、
相手はだれであろうと、僕と一緒に次々、グラスを飲み干さなければならない。
さもないと、僕は怒る!
僕が次々と酒を注ぐときは、言ってはならない、
「嫌!」と。
僕が嫌いなのは、「もう結構、たくさんです!」という言葉だ。
酒席で僕の言うことを聞かず、気取っているヤツがいたら、
僕は遠慮することなく、そいつの頭にビンを投げつけてやる。
そいつは聞く。
「どうして、そうするのか?」と。
だが、これはこの家の掟なんだ。
だれでも好きなようにすると!

●ヒアリングに使用したCD●
オペレッタ『こうもり』全曲(ニコラウス・アーノンクール指揮/ロイヤル・コンセルヘボウ管絃楽団)

カラオケは、こちら

0 件のコメント: