2009年10月13日火曜日

Nr.66 「5月の、ある晴れた日のように Come un bel di maggio 」(歌劇『アンドレア・シェニエ』第4幕から)


●解説●
サン・ラザール監獄で死刑の執行前にシェニエが辞世の詩を歌う。

●難易度●

             Ω歌手の聴き比べは、こちら。

コメ ウン ベル ディ マッジョ
ケ コン バーチョ ディ ヴェント
エ カレッツァ ディ ラッジョ
スィ スペンニェ インフィルマメント
コル バーチョ イオ ドゥナ リーマ
カレッツァ ディ ポエスィア サルゴ レストレーマ チーマ
デ レシステンツァ ミア
ラ スフェラ ケ カンミナ
ペル オンニ ウマナ ソルテ エッコ ジャ ミ アッヴィチーナ
アローラ デッラ モルテ
エ フォルセ プリア ケ ルルティマ
ミア ストロフェ スィア フィニータ
マヌンチェーラ イル カルネフィーチェ
ラ フィーネ デッラ ヴィータ
スィア ストロフェ ウルティマ デア
アンコル ドーナ アル トゥオ ポエタ ラ ズフォルゴランテ イデア
ラ フィアンマ コンスエタ
イオ ア テ メントレ トゥ ヴィヴィダ
ア メ ズゴルギ ダル クオーレ
ダーロ ペル リーマ イル バーチョ
ウルティモ ディ キ ムオーレ
キ ムオーレ

●日本語訳●
5月の、ある晴れた日にように
微風の接吻を受け、
光の愛撫を受けて
大空に消え去るように、
韻律の接吻と
詩情の愛撫を受けて
私は、私の生涯の
至高の頂きに昇る。
人それぞれの運命に添って巡りゆく車輪は
まさに既に私を死のときへと近づけ、
おそらく私の詩の
最後の一節を綴り終わる前に
死刑執行人は私に告知するだろう、
生命の終わりを。
詩よ、最高の女神よ、
ここで今、一度、あなたの愛する詩人に
心象の閃きを与え
常のごとき炎を燃え上がらせたまへ。
あなたが心の中にはつらつと姿を現したもう間に、
私はあなたに韻律をもって捧げましょう。
死にゆく者の凍りつく吐息を。

この曲は、原語にカタカナ・ルビの付いた歌詞カードを、姉妹サイト『スター歌手と夢の共演! 完全ファン倶楽部制・歌声サロン』において、無料でダウンロードすることができます。

●ヒアリングに使用したCD●
歌劇『アンドレア・シェニエ』全曲(パタネ指揮/ハンガリー国立交響楽団)

「オペラ・ファン憩いの家」プロジェクト

0 件のコメント: